コレステロールの平均値

成人男性、成人女性

日本の成人の総コレステロールの基準値は、正常値が130mg/dl~200mg/dl、境界値が201 mg/dl~219 mg/dl、です。220 mg/dl以上の場合は高コレステロール血症と診断され、治療や投薬が必要になります。

また、HDL(善玉)コレステロールの正常値は、男性が40 mg/dl~60 mg/dl、女性が45 mg/dl~65 mg/dlです。HDLコレステロールが、男性で40 mg/dl、女性で45 mg/dl未満の場合は、低HDLコレステロール血症と診断されます。LDL(悪玉)コレステロール値は、正常値が70 mg/dl~120 mg/dl、境界線が121 mg/dl~139 mg/dlです。

140 mg/dl以上の場合は、高LDLコレステロール血症と診断されます。また、メタボリックシンドロームでもおなじみの、皮下脂肪や肥満の原因でもある中性脂肪は、50 mg/dl~149 mg/dlが正常値とされ、150 mg/dlを越えると、高トリグリセリド血症と診断されます。

総コレステロール値が高ければ、血圧も高い場合も多く見られます。高血圧は、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの原因です。高コレステロールと高血圧が合わさればさらに病気は進行してしまいます。

高血圧の人は総コレステロール値も意識し、数値が高いようなら、早めに医師の診断を受けるなどの対処をするよう心がけておきましょう。高血圧の人は肉や卵、牛乳などを避けるという方法をよく耳にしますが、一概に正しいとは言えません。その人が高血圧になった原因を調べ、それに合った治療をしていきましょう。

反対に、総コレステロールが少ないと、がん、うつ病にかかりやすくなると言われています。このように多くても、少なくても様々な病気の原因と関係があるコレステロールですが、定期的に検査を受け、コレステロールの数値を知り、対処することで健康維持をはかりましょう。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved