コレステロールと病気の関係

心筋梗塞

心筋梗塞とは、冠動脈の動脈硬化によって、血管内に血栓ができ、この血栓によって血管がつまり、その結果十分な血液が心臓へ流れなくなり心筋細胞が死んでしまう状態のことをいいます。

まず心筋に酸素を送っている冠動脈にコレステロールでできたプラークという固まりが溜まっていきます。プラークはその性質からソフトプラークとハードプラークに分けられます。ソフトプラークは壊れやすい性質を持っています。ソフトプラークが血管に蓄積されていくとまだ血管が完全に詰まって以内状態でも壊れ、出血し、血液の固まりができ、一度に血管をふさいでしまいます。

この結果、狭心症つまり突然の心筋梗塞をおこします(急性心筋梗塞)。血管がふさがれなかった場合でも「不安定狭心症」になり、痛みがしばしば起こります。急性心筋梗塞と不安定狭心症は、急性冠症候群ともよばれます。一方ハードプラークの場合は、徐々にプラークが増加していくので、心筋梗塞がおこる前に狭心症があらわれ、治療を行うことができます。

心筋梗塞は、前胸部の強い痛みが特徴で、痛みは約30分~数時間以上続きます。急性心筋梗塞では、呼吸困難、血圧低下、顔面蒼白、冷汗、ショック状態、不整脈などが表れます。胸痛を訴えない心筋梗塞症は無痛性心筋梗塞症と呼ばれます。治療法は心筋梗塞症と同じです。

急性心筋梗塞は、胸痛と特徴的な心電図変化があれば診断が可能です。心電図検査、血液検査、心超音波検査、胸部X線検査、冠動脈造影検査、心筋シンチグラム検査などの検査が行われています。

急性心筋梗塞は致命率が高い病気です。治療に一刻を争いますので、急性の治療は、いかに早期につまっている冠動脈を再開通させ、障害が進行している心筋細胞を助けるかがポイントとなります。再開通療法、バイパス手術、心臓リハビリテーション、などの治療が行われています。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved