コレステロールの種類

悪玉コレステロール

悪玉コレステロール:low density lipoprotein cholesterol(LDL)は肝臓から体内で必要とする箇所にコレステロールを運ぶときの状態です。悪玉コレステロール(LDL)は、血管の壁に入り込み、血管壁を強くしますが、増えすぎると血管壁に入り込んで、沈着して血管を硬くぼろぼろにしてしまいます。

このことを動脈硬化といい、LDLが、動脈硬化を促すことから、便宜上、「悪玉コレステロール」と呼ばれています。 コレステロールが血液によって体内を移動するときには、リポタンパク質という粒の形で運ばれます。

コレステロール自身はリポタンパクに包まれたままでいれば、特に悪さをしでかすことはなく、必要とする細胞と肝臓間を移動しているだけのものです。

多くのコレステロールの問題は、コレステロールが多いのが原因でなく、それをコントロールする機能の低下によるものであるようです。この機能が低下すると必要以上に血管に付着したり、それが酸化されたり、白血球がコレステロールを食べ散らかして死骸が固着したりで、動脈硬化の原因となったりします。

コレステロールは、「体に悪いもの」、という印象が以前にはあったのですが、最近の栄養学の進展のおかげで、その実体が分かってきたようです。

コレステロールは、細胞膜、胆汁酸、各種ホルモン、ビタミンDの原料で、健康な体を維持するには無くてはならないものなのです。本来、善玉も悪玉もない、両方とも必要不可欠なのです。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved