コレステロールの種類

善玉コレステロール

善玉コレステロール:high density lipoprotein cholesterol(HDL)は、肝臓・小腸・血液などで合成され、血管壁や組織にたまった余分な悪玉コレステロール(LDL)を取り除いて回収して、肝臓に持ち帰る働きをしています。

結果的に動脈硬化を防止していることから、「善玉コレステロール」と呼ばれています。肝臓に戻ったコレステロールは、胆汁やホルモンの材料として、再利用されます。善玉コレステロール(HDL)は、動脈硬化を抑える唯一のリポタンパクなのです。

HDLにはコレステロールと多くのレシチンが含まれています。レシチンは脂質の一種で、タンパク質と脂肪を結合させる役割をします。結合されたタンパク質と脂肪が血液中を移動し、エネルギーとして利用されたり、貯蔵されたりするのです。

また、このレシチンのおかげでHDLに運ばれたコレステロールのうち、余分な量は胆汁酸となることができ、排出されます。

HDLコレステロールが少ない状態(低HDLコレステロール血症)になると動脈硬化が進行しやすくなります。低HDLコレステロール血症は自覚症状がありません。動脈硬化が進行し、末期状態になってはじめて、胸部圧迫感、めまい、視力障害、記憶力低下などの自覚症状が現れます。

喫煙、過剰な飲酒、運動不足はHDLコレステロールを減少させます。日頃からの注意が必要です。反対に、HDLコレステロールが著しく高い場合は、対処法に決定的な方法はありません。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved