コレステロールの種類

中性脂肪

中性脂肪は、トリグリセリドとも呼ばれ、コレステロールやリン脂質、遊離脂肪酸とともに血液中にある脂質の内の一つです。中性脂肪は万一のために備え、一端体内に貯蔵されます。必要になった時にエネルギーとして使われるのです。私たちの皮下脂肪は、その大部分が中性脂肪からできています。

中性脂肪は、食事で食べた栄養分のうち、過剰に摂取した糖質から肝臓で作られています。また、アルコール摂取でも中性脂肪が合成されます。肥満体質の人は、体の脂肪細胞から出る脂肪酸を原料に肝臓で合成されます。

では血液中に中性脂肪が増えるとどのような状態になるのでしょうか。中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増えます。悪玉コレステロールが増えると、コレステロールが血管壁にたまりやすくなり、血栓ができやすくなります。

結果、血管が詰まりやすくなります。動脈の内側の壁が厚くなり、血管の内側が狭くなるからです。血管が硬くなって、弾力性が無くなり、動脈硬化になってしまいます。中性脂肪の値を上げる主な原因は、遺伝、飲酒、高カロリー食の摂取、運動不足などです。

血液中の中性脂肪やコレステロールの値が高いと、高血圧、糖尿病のリスク増え、さらに日々の喫煙、ストレスなどが重なると、動脈硬化のリスクが増えます。動脈硬化の予防として、中性脂肪やコレステロールを増やさない食事を取り、適度な運動をするなどの生活改善が推奨されています。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved