コレステロールとは(概要)

どこで作られるか(肝臓、皮膚)

体内のコレステロールは、必要量の70%が肝臓から胆汁に分泌されたものの再吸収で得られます。残りの30%は食事から摂取されたもので、小腸で直接吸収されます。食物からコレステロールを摂取しすぎたときは、肝臓での生成が抑えられるなど、全体量がコントロールされます。

またコレステロールは細胞膜の原料です。皮膚においても肝臓に次ぐ量のコレステロールが作られています。

しかし、作られたコレステロールが他の組織に輸送されているかどうかはまだよく分かっていません。そのほか、皮膚に紫外線が当たると、皮膚のコレステロールがビタミンDを生成することがわかっています。

体内で循環しているコレステロールの50%ほどが血流中に存在しています。その他、体内では、肝臓、皮膚、毛髪、脳、神経、筋肉、脂肪などにコレステロールが多く含まれています。特に脳では、コレステロールが脳内脂質の20~30%を占め、神経伝達、記憶などの活動に多くのコレステロールを必要とすることがわかっており、様々な研究が進められています。

従来のコレステロールの検査は、総コレステロール値で表されていました。これではHDLコレステロール(善玉コレステロール)が高いのか、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が高いのかがわかりませんでした。しかし、最近では、血液から直接LDLコレステロールが測定できるようになりました。検査を受けて、まず自分のコレステロール値を知りましょう。

コレステロールは体内に多すぎても、少なすぎてもいけません。卵黄、魚卵、肝など、コレステロールを多く含む食材を知り、バランス良く食べたり、控えたりできるように心がけましょう。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved