コレステロールとは(概要)

摂取必要量

1日に必要なコレステロールは、成人の場合、1,200~1,300mgといわれています。そのうちの約200~300mgのコレステロールを食べ物から摂取しています。

残りの約70~80%が肝臓をはじめとする体内で作られており、これは食べ物から摂取する量のおおよそ4倍になります。大部分が体内で作り出されているということを知っている人は、以外と少ないようです。食べ物からのコレステロール摂取が多いときには、体内の生成を抑え、反対に食べ物からの摂取が少ないときには、体内での生成が促進されます。

ですから、健康な人であれば、食べ物から摂取するコレステロール量を過度に気にする必要はありません。それよりも、偏った食生活や運動不足、ストレスなどで生活全体のバランスを崩さないようにすることが第一です。

普段の生活で私たちが注意できることは、やはり食事ではないでしょうか。例えば卵ですと、1個に250~300mgのコレステロールが含まれていますので、食べ過ぎないようにしなればなりません。そのほか、必要な栄養分も含まれますので、食べないことも害になります。

反対に緑黄色野菜や海藻に含まれる食物繊維は血液中のコレステロールを下げる働きがあります。また、イカ、タコ、貝類、イクラ、ウニなどはコレステロールが多く含まれる食品ですが、コレステロールを下げるアミノ酸、タウリンも多く含まれているので相殺効果があります。

食材に含まれる栄養成分を知り、うまく利用していくことが健康維持に有効です。健康維持のためにまず血液検査を受け、自分のコレステロール値を知りましょう。そこからスタートです。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved