コレステロールの予防方法

アルコールとの関係

適量のアルコールは、血液中の悪玉(LDL)コレステロールを減らして、善玉(HDL)コレステロールを増やす働きがあるといわれています。

LDL(悪玉)コレステロールが多い動物性脂肪や卵ばかり食べていると、動脈の壁にコレステロールが蓄積し、動脈硬化を起こす原因になります。お酒を飲んでHDL(善玉)コレステロールが増加すれば、動脈の壁に蓄積したLDL(悪玉)コレステロールは取り除かれ、動脈硬化を予防できます。

アメリカの研究では、1日で日本酒に換算して1~2合の飲酒をする人が、最も心臓疾患のリスクが少ないという結果が出ました。つまり、適量のアルコールは長生きをもたらすのです。しかし、飲み過ぎには注意が必要で、適量を超えた途端に心臓疾患や死亡率は高くなります。

HDL(善玉)コレステロールを増やすには、お酒で1合、ビールで大瓶1本、ウィスキーでダブル1杯が適量です。アルコールを過剰摂取すると、肝臓疾患が起こりやすくなります。アルコールの分解は全て肝臓で行われるからです。アルコールと一緒に食べるおつまみも動物性脂肪が多い料理になりがちなため、肝臓へより負担がかかってしまうことも拍車をかけています。

アルコールには1gあたり7calのエネルギーがあります。摂取量が多いとすぐにエネルギー過剰になり、中性脂肪が増え、糖尿病、肥満の原因になります。中性脂肪が増えると、適量のアルコールを飲んでも、HDL(善玉)コレステロールが増加せず、血液中のコレステロール値が高くなるとも言われています。

ストレス解消にお酒を飲む人は多いと思いますが、適量のお酒と脂肪の少ない食事を組み合わせれば、精神的にも体にも良い効果が期待できるのです。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved