コレステロールの予防方法

お茶

お茶は嗜好品としても広く楽しまれていますが、昔から薬としても活用されてきました。お茶には、さまざまな薬効成分が含まれています。その中にはコレステロール値を下げるものもあります。

緑茶にはカテキンという成分が含まれています。カテキンは、渋みの元で、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。また、LDL(悪玉)コレステロールだけを減らすこともわかっています。

その他、血圧や血糖値も下げる効果があり、高血圧、動脈硬化、ガンの予防にも効果が期待されています。また、カテキンにはフッ素が含まれており、虫歯予防になります。カテキン以外に、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAも含まれます。強い抗菌作用は、コレステロールの酸化を防ぎます。食後に緑茶を飲むのは、健康に良い習慣といえます。

緑茶を発酵させたものが紅茶です。緑茶のカテキンは、発酵過程でポリフェノールに変わります。ポリフェノールは、紅茶の色や渋みの元です。中でも、テアフラビンは強力な抗酸化力を持ち、LDL(悪玉)コレステロールの酸化を防ぎ、中性脂肪を減らす働きがあります。紅茶にはカフェインが含まれ、疲労回復、覚醒作用、消化促進作用があります。

お茶を半発酵させて作られるのが、ウーロン茶です。中国でよく飲まれているお茶です。カテキンの集合体であるウーロン茶ポリフェノールは脂質を吸着し、コレステロールとともに対外へ排出する働きがあります。ウーロン茶は、肥満や高脂血症に効果的です。

ウーロン茶ポリフェノールにも強力な抗酸化作用があり、LDL(悪玉)コレステロールの酸化を防ぎます。また、糖の吸収を防ぎ、血糖値を下げる効果があります。脂肪分が多い食事にはウーロン茶が最適です。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved