コレステロールの予防方法

コレステロールを下げる食材

不飽和脂肪酸を含む食材には、LDL(悪玉)コレステロールを下げる働きがあります。オリーブ油、コーン油、紅花油、ヒマワリ油などの植物油に多く含まれています。

また、魚に多く含まれる不飽和脂肪酸には、LDL(悪玉)コレステロールを下げる効果のほかに、DHAやEPAを多く含みます。いわし、あじ、さんま、さばなどに多く含まれています。その他、LDL(悪玉)コレステロールを減らし、HDL(善玉)コレステロールを増やす食材には、大豆類、キノコ類、ネギ類、魚介類、こんにゃくなどが挙げられます。

大豆は植物性タンパク質からなり、コレステロールを下げる効果があります。大豆製品には、納豆、豆腐、おからなどがあります。大豆に含まれるサポニンという成分が、大豆の食物繊維と胆汁酸を吸着して、体外に排出しやすくします。

キノコ類は食物繊維が多く、血圧を下げる働きがあります。カロリーが極端に低いため、ダイエットにも効果があります。しいたけに含まれるエリタデニンは、血中のコレステロールを減らし、動脈硬化や高血圧を防ぎます。

ネギに含まれる硫化アリルは、血液をサラサラにし、血糖値を下げます。タマネギやニンニクに含まれるアリシンは、血栓をできにくくする働きがあります。また、ニラにはアリシンと脂質を分解するセレンが含まれています。

魚介類のうち、イカ、タコ、エビ、かきなどには、コレステロールや、血糖値、血圧を下げるタウリンが含まれています。こんにゃくにはグルコマンナンという食物繊維が多く含まれ、コレステロールが腸で吸収されるのを防ぐ効果があります。動物性脂肪を多く食べる時には、これらの食材も組み合わせて食べるようにし、コレステロール値の増加を防ぎましょう。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved