コレステロールの予防方法

食物繊維

食物繊維は、コレステロール、中性脂肪、血糖値を下げる効果があります。食物繊維を摂取すると、体内では消化されずに便として体外に排出され便秘の解消に効果があります。その他、腸内でコレステロールや脂肪や糖質の吸収を妨げ、胆汁酸を吸着し、排出します。

胆汁酸はコレステロールを原料に作られます。足りなくなった胆汁酸を作るのにコレステロールがどんどん使われ、血液中のコレステロール値は下がっていきます。また、胆汁酸は、脂肪の消化吸収に使われます。胆汁酸を排出することで、体内での脂肪の蓄積を防ぎます。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。コレステロール値の減少に即効性があるのは、水溶性食物繊維です。大豆、緑黄色野菜、海藻に多く含まれます。不溶性食物繊維は便通を促進し、便とともに、体内のコレステロールや毒素や脂質を体外に排出します。キノコ類に多く含まれます。

食物繊維は1日に20~25g摂取することが推奨されています。多くの人が食物繊維不足といわれています。必要量の食物繊維を摂取するには、野菜の場合300g、果物の場合で200g、芋類の場合100gです。かなりの量に見えますが、ほとんどカロリーはありませんので、たくさん食べるようにしましょう。

食物繊維は少量でも満腹感が得られます。繊維質は良く噛むことにもつながり、過食を押さえます。カロリーは少ないですが、ミネラルは豊富で、美容、肥満解消、ダイエットに効果があります。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved