コレステロールの予防方法

投薬

投薬は、コレステロール値を下げるために行われます。動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の進行を防ぐ目的で処方されます。スタチン系は強力なコレステロール低下薬で、高コレステロール血症の薬物療法に多く使われています。肝臓でのコレステロールの生成を抑える働きがあります。

リピトールという薬は、コレステロールと中性脂肪の両方を下げる働きがありますが、まれに手足のしびれや筋肉痛などの副作用があります。また、メバロチンには、肝臓でのコレステロールの生成を抑え、LDL(悪玉)コレステロールを減らし、HDL(善玉)コレステロールを増やすよう促進します。

コレステロール吸収阻害薬は、小腸でのコレステロールの吸収を抑える働きがあります。 LDL(悪玉)コレステロールを減らし、HDL(善玉)コレステロールを増やすよう促進します。1回の服用で長時間作用するため、薬の回数が少なくて済み、副作用がほとんどありません。

錠剤も小さく、他の薬との併用でも吸収に影響がありません。ゼチーアという薬は、コレステロール低下薬で、小腸でのコレステロール吸収を抑えます。

コレステロールの吸収を行う小腸のコレステロールトランスポーターへ結合し、胆汁や食事でのコレステロール吸収を阻害します。結果として肝臓のコレステロール量が低下し、血液中のコレステロール値が下がります。

これらのコレステロール低下剤は、即効性があります。薬にのみ頼っていると、薬をやめたとたんコレステロール値が元に戻ります。コレステロールを下げるためには、食生活、運動を取り入れた生活改善を中心に行い、薬物療法を補助的に使うよう心がけましょう。

Copyright (C) コレステロールのこわい話 All Rights Reserved